RAND Support your IT challemge

導入事例

導入事例

パッケージベース SI & サービス

BIソリューション

経営判断に必要な情報を可視化
経営判断のさらなる迅速化を推進・実現

業種: すべての業種
業務: すべての業務

課題

経営判断に本当に必要な情報を整理し、目的に応じたBIツールを使って視覚的に表現致します。これにより、経営判断のさらなる迅速化を推進・実現致します。

1.予算立案(計画)の管理精度が悪く、実際に売上が予算達成しても、利益未達成ということが多い。
2.受注確立の高い商談売上情報がシステム上で管理されていない為、予実対比の情報精度が低い。
3.結果として、経営情報が正確かつリアルタイムに把握できない為、適切・迅速な経営判断を行う事が出来ない場合が発生する。

解決策

1.予算立案方法を、従来のトップダウン式の按分立案から、販売単価、原価を利用した品番単位のボトムアップ式に変更。
2.策定負荷軽減の為、前期又は前年同期の実績を元に仮策定までを、システム上で実施。 3.「販売見込」の概念を取り入れ、システム化する事で予実対比の情報精度を大幅に向上。

加えて、拡大、減少、維持等、従来見えていなかった売上状況を、階層別(経営層、管理職層、一般職層)に各BIツールで表現。経営判断の迅速化を推進・実現。

システム導入後の改善

  • 販売単価、原価を活用したシステムを構築する事で利益率の管理精度が向上。同時に、目標利益に対して必要となる目標売上を正確に把握する事も可能になった。
  • 販売見込の概念を導入した事で予実管理の精度が向上し、情報も迅速に把握出来るようになった。売上不足に対するアクションも早期化する事が出来るようになった。
  • 階層別に各BIツールでデータ提供することで、会議用資料作成に関わる一連の間接業務コストを削減できるようになった。
  • 従来不足していた観点や情報を、経営層、管理層向けにダッシュボード(グラフ等)を使って視覚的に表現することで、納期遅延や在庫過剰などが一目で把握出来るように改善された。
  • 上記の改善点により、経営判断が加速し、組織としての迅速な対応が可能になった。