RAND Support your IT challemge50th Anniversary

採用情報

採用情報

中途採用 教育について

ランドコンピュータの研修体制について

当社の研修制度は、IT系の技術研修、ヒューマンスキル研修、階層別研修、管理職研修、プロジェクトマネジメント研修、品質管理研修、資格取得対策研修、新技術勉強会 等 多岐にわたっております。
社員一人ひとりに対して、新しい技術だけでなく基礎技術もしっかり身につけさせ、その技術を活かす能力(ヒューマンスキル)の向上を実現しています。
更にそのレベルを証明する資格取得対策も充実しており、より質の高いサービスの実現を目指しています。

研修体系概要図

  • 1

    『公開講座は8000講座(H30年度実績)から選んで受講できます』(技術研修/ヒューマンスキル研修/資格所得対策研修)

    教育担当が洗いだした、8000講座にわたる「IT系の技術研修」「ヒューマンスキル研修」「資格取得対策研修」を、各個人の希望で受講する事ができます。各事業部で教育予算を持っているので、その事業部に専門特化した技術や業務についての研修を、それぞれの育成計画に則って受講をすることができます。

  • 2

    『当社オリジナルの講師招聘型研修があります』(ヒューマンスキル研修)

    プレゼンテーション研修、コミュニケーション力向上研修、モチベーション向上研修、リーダシップ/メンバーシップ研修、コーチング研修など、社外講師を招聘して社内研修として行います。年間10講座程度開催され、希望すれば年間の受講回数に制限なく受講ができます。

  • 3

    『等級毎に各階層別研修が用意されています』(階層別研修)

    各等級の昇格時と前年度の中途入社者に向けて各等級の役割や期待されていることを確認するために階層別研修が行われます。社長・常務・本部長・事業部長がサポートして行う手作り研修です。2等級から4等級までの全ての社員が受講しています。

  • 4

    『管理職としての研修も万全です』(管理職研修)

    新任課長を含む管理職に対して、管理職として身に付けるべき基礎知識やリーダシップ、組織マネジメント、コミュニケーション、面接技法、部下の目標設定について学習する研修です。

  • 5

    『次の50年を任せられる人材の育成をしています』(選抜型 人間力強化研修/次世代経営リーダ研修)

    事業本部長・事業部長が選抜をして、ランドコンピュータの「次の50年を任せる人材の育成」をしています。外部講師による研修と、社長・常務・本部長が直接サポートする合宿型の研修があります。

  • 6

    『プロジェクトマネージャー育成は社外/社内研修の両面から強化』(プロジェクトマネジメント研修)

    プロジェクトリーダー/マネージャーの育成・強化を目的として行われている研修です。過去のプロジェクトを題材にしてケーススタディ形式で行う社内講師型の研修と、外部公開講座の受講による両面からプロジェクトマネジメント能力の強化を図っています。

  • 7

    『さらなる品質向上を目指して』(品質管理研修)

    システム構築をする上で常に求められるのが、高い品質です。若手からベテランまで全ての技術者が、プロジェクト支援統括部の計画する社内研修を受けています。また、大手ベンダーの行う「品質管理研修」も当社の社員は積極的に受講しています。

  • 8

    『難関資格のチャレンジには会社もしっかりバックアップします』(資格取得対策研修)

    当社は、身に付けた技術を形にすることを常に意識し、資格取得に力を入れています。(1人当たりの資格取得数は3つを越えました)そのため、国家試験やベンダー試験に対する対策講座も充実しております。特にPMP(米国PMIが認定するプロジェクトマネジメントの国際資格)に対しては、厳選されたプロジェクトマネージャーが4カ月かけて試験にチャレンジする特別対策講座を計画し、対策本の著者を講師として招聘している研修があります。

  • 9

    『毎回70~80名が受講する先端技術勉強会が毎月開催されています』(先端技術勉強会)

    大手ベンダーでの新技術や新しい開発技法についての取り組みを講演形式で、月1回開催しています。技術力や開発経験のレベルなど気にせず、部門を問わず全社(本社/関西)で学習ができる全社員参加型の勉強会です。