RAND Support your IT challemge

採用情報

採用情報

社員インタビュー

田畑 明彦

元気とやる気と笑顔が仕事を円滑に進めるコツ元気とやる気と笑顔が仕事を円滑に進めるコツ

金融事業本部 金融第一事業部 入社7年目

切り込み隊として新たな分野に挑戦しています切り込み隊として新たな分野に挑戦しています

主に預金を中心としたインターネットバンキングのシステム開発に携わっています。私の場合、入社当初はプログラミングが主な仕事でしたが、それが出来るようになると次は設計書の作成、その次はレビュアー役として設計書やプログラムの実装をチェックするという具合に、年次が上がるごとに任される仕事が変わっていき、現在はレビュアー役を担うことが多くなっています。私自身の作業としては、プログラムの見積もりを出すというのが大きな仕事。いただいた仕事を完成させるには、何人の人員が必要で、どれくらいの日数を要するのか、スケジュールを組んで進捗状況を管理するという役割を担っています。
ただ、最近携わっていたプロジェクトを無事に終えることができまして、今はまた別の課題に取り組んでいます。これまでは、預金業務が中心だったのですが、今後は外国為替や融資の分野にも手を広げていきたいと考えており、今はその準備段階。チームを組んで業務にあたっていたこれまでと違い、今は自分一人"切り込み隊"のような形で働いています。完全に一人で動いているので大変なことも多いのですが、日々やりがいを感じながら仕事に取り組めています。

社員

人脈の形成がやりがいに。スキルアップにも繋がります人脈の形成がやりがいに。スキルアップにも繋がります

自分が一番やりがいを感じているのは、人間関係の広がりです。現在取り組んでいる新分野の事業も、前のプロジェクトで顔と名前を覚えていただいたことから派生しているもので、やはり大切なのは人と人の繋がりだと感じます。業務が変わっても、人と人の繋がりは変わりませんから。IT業界というと、漠然と広い世界をイメージするかもしれませんが、その中で金融という業種だけに目を向けると、それほど広い世界ではないんです。実際、「以前あの現場でお会いした、あの方だ!」ということも少なくないので、より人との繋がりが重要になりますし、そこにやりがいと楽しさがあります。交流を広げることで、いろいろな業務に携わっている、いろいろな立場の方とお話する機会も増えますので、自分自身のスキルアップにも繋がります。

「金融といえば長谷川」と言われるくらいの存在になりたい「金融といえば長谷川」と言われるくらいの存在になりたい

弊社は、「金融系に強い」という評価をいただいておりまして、その中でも「預金ならランドコンピュータだ」という地盤があると自負しております。ただ、金融は特にミスが許されない分野ですから、これまでは慎重に慎重を重ねて、預金の分野に特化した業務を進めてきました。ですが、いつまでもそこに留まっていては、仕事は広がりませんし、発展著しいIT業界の中で取り残されてしまいかねません。先程申し上げた為替や融資の分野への取り組みも、そうした危機感から出てきたもので、自分が先頭を切って切り開いていきたいと考えています。「金融といえばランド」というだけでなく、社員ゆくゆくは「金融といえば長谷川だ」と言っていただけるくらいの存在になりたい。広げた風呂敷がかなり大きいことは自覚していますが、それくらいの決意と勢いで、今の仕事にぶつかっていきたいと思っているんです。社員の頑張りや成長が、ひいては会社の成長にも繋がっていくものだと思いますし、実際会社もバックアップしてくれますから、これからも臆することなく挑戦を続けていきたいと思います!

社員

自分の武器は元気とやる気。笑顔が仕事をやりやすくする自分の武器は元気とやる気。笑顔が仕事をやりやすくする

入社を決めたきっかけは、一次面接を終えてすぐにかかってきた一本の電話でした。担当の方が、「今日の面接ではこういうところが良かった」とか、「二次ではこういうことをアピールするといいよ」とか、親切にアドバイスしてくださったんです。他の企業で、そこまで親身に対応してくれるところはなかったので、すごく驚いて、合格できたらぜひこの会社に就職したいと思いました。
入社試験を通った理由として自分が思い当たるのは、面接でアピールした"元気とやる気"が大きかったのではないかと思います。農業系の学部出身で、ITに関する知識がないことを最初からはっきり伝えていましたから、少なくとも知識や素養を買われて引っ張っていただいたわけではない(笑)。プログラミングに関する勉強は、入社してからでもできますから、採用担当の方はとにかく元気とやる気を見てくださったのだと思います。ただ、研修を終えて実際に仕事を始めた当初は、戸惑うことばかりで、元気もやる気もまったく出せずにいました。社員ですが、このままではダメだと一念発起して、本来の自分らしさを出そうと意識して動くようになったら、途端に仕事がやりやすくなりました。エンジニアの仕事は、ともすれば内に入りやすい環境にありますが、元気とやる気さえあれば、そういうマイナスイメージも吹き飛ばすこともできます。もちろん、それだけですべてを解決できるわけではありませんが、常に笑顔でいることで仕事が円滑に回り、自分の視野がより広がっていくことは間違いないと思います。

社員

伝統×チャレンジ

社員

これまで先輩たちが築いてきた伝統を守りながらも、預金だけでなく為替や融資といった新しい分野にも挑戦していきたい。壁を壊し、それを乗り越えていくんだという意味で、この2つの言葉を選びました。記号を「+」ではなく、「×」にしたのは、それくらいの勢いでやっていきたいという僕の決意の現れです!