RAND Support your IT challemge50th Anniversary

IR情報

IR情報

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーの基本方針

当社は、法令や規則に基づく適時かつ適正な情報開示を行うとともに、東京証券取引所「コーポレートガバナンス・コード」及び金融商品取引法「フェア・ディスクロージャー・ルール」の趣旨・意義を尊重し、迅速、正確かつ公正公平に伝達することを情報開示の方針としています。

情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法その他諸法令ならびに東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」)に従って情報開示を行います。フェア・ディスクロージャー・ルールの趣旨を踏まえ、適時開示規則に該当しない場合でも、投資家の方々に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましては、積極的かつ公平に開示します。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報システム(TDnet)にて公開しています。また、TDnetに公開した情報は、速やかに当ウェブサイトにも掲載することとしています。なお、個人及び機関投資家向けに実施した経営説明会等を含め、適時開示規則に該当しない情報につきましても、フェア・ディスクロージャーの観点から、ウェブサイトへの掲載等により広く公平に開示します。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防止し、情報開示における公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間としています。当該期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答や関連情報の発信その他のコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中に発生した業績予想との差異が有価証券上場規程に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。

業績予想及び将来情報の取扱い

当社が開示する業績予想、戦略、方針、目標等のうち、過去の事実以外のものは、現在入手可能な情報に基づく当社の判断による将来の見通しであり、リスクや不確実な要素を含んでいます。したがって、将来、実際に公表される業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

免責事項

ディスクロージャーポリシーのみでなく、別途掲載している免責事項も併せてご参照ください。