EntryEntry

人を知る

Interview
社員インタビュー

Sakai

入社4年目

ビジネスイノベーション事業本部 
ソリューション事業部

Sakai

教育制度が充実しているから成長していける
何でも話せる先輩や同期の存在が仕事の励みに

システムの利便性向上に貢献できることがやりがいに

人事給与パッケージの導入支援やツール開発、運用保守を行っています。同じパッケージを扱う業務でも、人事管理や給与管理など、専門の分野に分かれて作業にあたっているのですが、私はその中で勤怠管理を担当しています。お客様から要望をお聞きするところから、設計、プログラミング、運用保守まで行っています。システムは、お客様の希望に添ってカスタマイズしていて、実際にお使いいただくユーザーの方々にとって見やすいもの、分かりやすいものになるよう心掛けています。その工夫がユーザーの方々に受け入れられて、便利に使っていただいていると聞くと、やはりうれしいですし、工夫して良かったとやりがいを感じます。

Sakai

面接官の人柄の良さと社員教育の充実が入社の決め手

私は、大学を卒業して新卒で入社したのですが、数あるIT企業の中から、ランドコンピュータに入りたいと思ったのには2つの理由がありました。ひとつは、面接を担当された人事の方や役員の方の人柄の良さ。一人一人とじっくり向き合って採用に臨んでいるという印象で、こういう方たちのいる会社で働きたいと思いました。もうひとつの理由は、社員の教育にとても力を入れている会社であるということ。それについては、会社の公式サイトにも書いてあったので、受験前から知っていたのですが、実際に入社した今、サポート体制の充実ぶりを改めて実感しています。また、入社試験で私がひとつの武器にしていたのは、大学在学中にIT系の資格を取っていたということ。ただし、それは"資格を持っていること"自体が武器になるのではなく、「それくらいやる気がある」とアピールできたことが大きい。学生時代にやってきたことを聞かれたときに、やはり形になっているものがあれば説得力が増しますから。「自信を持って面接に臨める」というプラスαの効果もあったと思います。

Sakai

問われるのは技術よりもむしろコミュニケーション能力

Sakai

入社前はSEという職種について、プログラムを組むだけ、一日中パソコンの前に座って作業するだけ…というイメージを持っていたのですが、実際は違いました。今はプログラミングよりも、むしろコミュニケーション能力の方が大事なんだと感じています。そんな中、私が今、自分の中で見据えている目標は、コミュニケーション能力を磨いて、人をまとめられる存在になること。そのために、社内で開かれているリーダーシップ研修などに、積極的に参加するようにしています。研修は、自分で申し込んで参加するのですが、仕事が終わった後とか休日返上で…ということではなく、業務時間内に受けることができます。もちろん、抱えている仕事との兼ね合いはありますが、教育に力を入れている会社ならではの制度だと思います。また、僕は1年目から今の職場に配属されたのですが、もし別の分野に挑戦してみたいという思いがあれば、年に2回行われる"業績面談"という上司との話し合いで、希望を伝えることもできます。

風通しの良い社風。常駐先でもやりづらさは感じない

私は、先程お話ししたシステムの運用保守のために、お客様のオフィスに常駐しているのですが、先方の担当者の方が積極的にコミュニケーションを取ってくださるので、やりやすい雰囲気の中で仕事をさせていただいています。そのオフィスには、私を含めて弊社から3名が常駐していますが、2人の先輩が間近にいてくださるのも心強いところ。私の力不足もあって、先輩には何かと質問してばかりなのですが、お2人とも嫌な顔ひとつせずに教えてくださるので、本当に助かっています。また、先方に常駐しているため、本社に戻ってくるのは月に1、2度なのですが、戻って来たときのアウェー感はまったくありません(笑)。本社にいる直属の上司と顔を合わせる機会では、話しやすい雰囲気を作ってくださって、相談にも親身に乗ってくれます。18人いる同期の存在も大きいです。お互いに機会を見つけてはランチに行ったり、飲みに行ったりするのですが、それが良い情報交換の場になっています。本社から離れていても、風通しは良い。弊社にはそんな社風が根付いていると思います。

Sakai

Sakai

My words誠実→信頼

まずは何事に対しても誠実に取り組むということ。それを積み重ねていくことが、やがて信頼に繋がると思うんです。私は、今の現場で働くようになって3年近くたつのですが、本当に信頼してもらえるようになったのはつい最近。これからさらに信頼を強めていただけるように、日々誠実に仕事に取り組んでいきたいと思います。