EntryEntry

人を知る

Interview
社員インタビュー

Matsui

入社3年目

関西事業本部 社会基盤事業部

Matsui

東京での研修後、地元大阪に配属されて3年目
女性が生き生きと活躍できる現場があります!

新しい分野への挑戦。未知の世界に挑むワクワク感があります!

ネットワーク設備管理システムを構築する案件に携わっています。道路の下やビルとビルの間を繋ぐ回線や装置が、どう設置されているか、やビルとビルの間を繋ぐ回線や装置が、どう設置されているか、ネットワーク回線をどのような経路で繋げていくか、という細かいところを一目で分かるようなシステムの開発から保守運用を行う仕事です。以前は、携帯などモバイル系の開発を担当していて、扱っているもの自体が身近なものだった分、取り組みやすかったのですが、今はプロの方が使う専門的なシステムですので、本当に難しくて。もちろん、これまで学んできたプログラミング言語などは応用できるのですが、まったく違う分野に挑戦しているような感覚があります。ただ、難しいからこそやりがいがありますし、お客様が求めていることを考えながら進めていく開発作業は、未知の世界に飛び込んでいくようでワクワクします!

Matsui

一人一人の個性を見極め、得意分野を伸ばしてもらえる

以前の担当部署ではあまりなかったのですが、インフラ系の現場に入った今は、お客様と打ち合わせをさせていただく機会が増えました。私は、技術的な部分が得意な方ではないので、日々努力していかなければならないと思っているのですが、そのいっぽうで、お客様と直接お話させていただくのは、大好きなんです(笑)。周囲の諸先輩方も、技術の部分より、対話の部分を伸ばそうとしてくださっているようで、表に出るような仕事を割り振っていただいていると感じています。最近少しずつ会議や打ち合わせに参加することが増えてきましたが、先輩方の背中をみて『お客様と接する際に心掛けている』ことは、なるべく沈黙する時間を作らないこと。何か質問されたり、問題を指摘されたとき、答えに詰まっているようではお客様を不安にさせてしまいますから。特に、電話会議の場合、お客様のお顔が見えない分、会話を途切れさせないこと、常に明確な答えができる態勢を整えておくことが大切だと思うんです。そのためにはやはり、技術的な知識を身につけておく必要があります。お客様と積極的に、自信を持ってコミュニケーションが取れるようなSEになるのが目標です。

Matsui

教育制度が充実しているので、未経験からでも大丈夫

Matsui

私は元々、福祉系の大学に通っていたので、学校で学んでいたのは全然違う分野でした。この会社のことは、合同説明会で知ったのですが、最初に言われたのが、「ITの知識や経験がなくてもまったく問題ない」ということでした。教育制度が充実しているので、資格を取ったり、スキルを身につけるのは、入ってからでも遅くないと。ただ、そうは言っても、実際は厳しい部分もありました。入社するとすぐ、東京で3か月間、研修を受けるのですが、最初は全然ついていけなくて…。私の場合、プログラミング技術どころか、パソコンの知識もほとんどなかったので、基本的なところから壁にぶつかってしまったんです。それでも、研修を終えて現場に出ると、少しずつできることが増えていって、徐々に自信を持って仕事に臨めるようになりました。散々壁にぶつかってきた私が言うのも何ですが、ゼロからのスタートでも、何とかなるものです(笑)。ITとは別分野のことを学んでいるという学生さんにも、ぜひ挑戦してもらいたいと思います!

後輩から目標にしてもらえるような存在になりたい

私は元々関西の出身で、入社から3か月は研修で東京に出てきていたのですが、その後はずっと大阪にある関西事業所に勤務しています。ですが、本社がある東京と違いを感じたり、不自由に思ったりすることはまったくありません。例え現場が離れていても、メール、チャット、電話、ウェブ会議などで同じように仕事が進められますし、必要に応じて東京と大阪を行き来することもあります。また、資格取得などの研修については、大阪でも受けられますし、受講したい旨を伝えれば、業務時間内に参加することもできます。仮に東京でしか受けられない研修があったとしても、希望すれば受けに行かせてもらえます。また、関西はまだ、女性の比率が高いとはいえないのですが、これからは後輩の女性社員が増えていくと思うので、私がしっかりしなければと感じています。技術的なことを教えるという意味では、あまり頼りにならないかもしれませんが、同じ女性として相談に乗ってあげられるような存在になれたらと思っています。

Matsui

Matsui

My words技術→笑顔

努力して技術を身につけることができれば、自信がつき、気持ちに余裕が生まれますので、お客様に自然と笑顔で接することができると思うんです。逆に、何も分かっていないのに、へらへらと笑って接しているだけでは信用は得られません。笑顔で接するためには、やはり技術が必要。お客様が安心して仕事を任せてくださるように、これからも笑顔のコミュニケーションを心掛けていきたいと思います。