EntryEntry

人を知る

Interview
社員インタビュー

Chigira

入社6年目

産業公共事業本部 第一事業部 課長

Chigira

中途でも実力や努力は正しく評価してもらえる
自立した人材を育成することでより強い組織に

お客様と向き合いながら課のメンバーの指導にも注力

私が在籍しているのは、産業公共系と言われるお客様を対象とするシステム開発を行う部署。産業系というのは民間企業全体を、公共系というのは中央省庁や独立行政法人などのお客様のことですので、金融以外のすべての分野を網羅しているとも言えます。最近の事例ですと、製造部品メーカーさんのECサイト(自社製品をネット上で販売するショッピングサイト)の構築や、公共系のお客様の古くなったシステムのリプレイス(ハードウェアやソフトウェアを新しいものに置き換えること)といった案件を担当しました。課長としての仕事は、私自身が任されているプロジェクトのリーダーとしての役割や、課に割り振られている他のプロジェクト管理など。具体的には、お客様との調整や交渉がメインの仕事になっています。そのほか、課のメンバーの指導やフォローといったことも、課をまとめる人間として力を注いでいるところです。

Chigira

今後IT業界は自分で考え、行動できる人材が求められる

育成という部分で心掛けているのは、自分で考え、行動できる人材を育てるということ。とかく移り変わりが激しいと言われるIT業界ですが、その変化のスピードというのは、今後ますます上がっていくと思います。そうした環境下にあって、私自身が経験から教えられることは、どんどん古くなってしまう。だからこそ、私からの教えや指導を待つのではなく、自分で考え、率先して行動するようなスタンスでなければ、この先、IT業界で活躍できなくなってしまうと思うんです。間違えても、失敗してもいいので、まずは挑戦してほしい。育成で特に難しいのは、コミュニケーションの取り方。個々の性格もありますし、スキルの違いもある。そうしたことを乗り越えて、チーム一丸となってプロジェクトを成功できたときは、やっぱりうれしいですし、充実感があります。

Chigira

転職後の働き方を具体的にイメージできたのが大きい

Chigira

私は、5年前に中途入社してきたのですが、前職でも同じようなシステムインテグレーターの仕事をしていました。前の職場では、生産管理や販売管理といった幅広い仕事をしていたのですが、2008年のリーマンショックを機に、「仕事の質を見直したい」という気持ちが芽生えまして。エンドユーザーさんと近い位置で、付加価値の高い仕事をしたいという思いから転職を決意しました。この会社を選ぶ決め手になったのは、面接時の応対でした。熱心に話を聞いてくれただけでなく、私が入ったときどんな仕事があって、会社としてどんなことを望んでいるかを、真剣に話してくださったんです。中途採用となるとなおさら、「入ってみたらやっぱり違った…」では済まされませんから。転職後の働き方を具体的にイメージできたというのは、とても大きかったと思います。また、この会社は中途採用の方も多いので、中途だから居心地が悪いなんてことはまったくないですし、昇進に関しても生え抜きの社員と扱いは変わらない。実力や努力を正しく評価してもらえることも、やりがいに繋がっています。

気持ちは言葉に宿る。本気度をいかに伝えるかが鍵

中途採用の面接で大切だと思うのは、いかに"本気度"をアピールするか。今のご時世"面接をうまくやる方法"を調べるなんてわけもないですよね。でも、面接官はいろいろな人を見てきていますから、付け焼き刃のテクニックなんてすぐに見抜かれてしまう。肝心なのは、本気で入りたいと思っているか、入ったらどんな貢献ができるか、どれだけアピールできるかだと思うんです。気持ちというのは言葉に乗って、相手に伝わるものだと思いますから。とはいえ、いかに本気であっても、仕事のやり方というのは会社によって違いますから戸惑うこともある。弊社の場合、何かトラブルが起きたら詳しく報告する仕組みがあるのですが、最初はその書面作りに苦労しました。なぜ、実務ではなく、報告にこんなにも時間を割かなければならないんだろう…と。でも、報告書類を作ることで、失敗の原因がクリアになっていくのを感じました。しかも、報告後の上司の動きが非常に速く、フィードバックは必ずある。そういう仕組みが確立しているところも、社員が安心して働けるひとつの要因になっています。

Chigira

Chigira

My words自立×組織

リーダーとして人をまとめる立場になって思うのは、個人が自立して動くことができれば、組織がより強くなるということ。カリスマ的リーダーに頼るだけでは、その人がいなくなった途端、組織は弱体化してしまう。そう考えると、やはり個々の存在の方が重要で、それぞれが自立して行動することが、組織の強化に繋がると思うんです。